Easygoing Bike Life

windylife.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:怪我ネタ( 9 )

20060609 抜釘手術

※今回も一部表現に刺激的な部分を含みますので、想像力豊かな方やスプラッターモノとかに弱い方は気分を害される事請け合いですので読むのはお止め下さい。

それから看護婦さんの画像も無いんで、あしから~ず。m(_ _)m by管理人



肩鎖関節脱臼手術後の感染症により一週間順延となり、正味7週間鎖骨を固定していたピンを抜き取る手術を受けて来た。

まずは外来の診察室で血圧測定をし、その後看護婦さんに付き添われ手術室へ入室。
看護婦さんから手術を担当する医師へ身柄を引き渡された後、浴衣みたいな手術着に着替え、頭には紙で出来た被り物を被って手術台へ。

手術台へ横になり心電図の測定器を胸とかに貼り付けられ、指先にも機器装着。腕には血圧測定のベルトをはめられ待つ事数分。

「さぁ、始めますか。」といつものノリで担当のセンセイ登場。

まずは切開箇所周辺を噴霧器のようなもので消毒。
肩周りだけ穴が開いたような紙で覆われ、おかげで手術の模様は見れないように。
ピンの埋まってる箇所を触診で確認。
「ん!? ココともう一つはドコだぁ?」と相変わらず不安にさせるようなコメント吐くセンセイ…。
(-_-; タノンマスヨ…

無事ピンの位置も確認出来。局部麻酔による抜釘手術開始。
麻酔を打たれ数秒もしない内にメスが入刀されたが、痛みは全然無し。
そして順調にピンまで辿り着き、いよいよペンチで抜きにかかるが…。

「んんっ!? 抜けないなぁ~。」とセンセイ。

「抜けないんすか?ピン曲がっちゃってんすかねぇ?」と俺。

「ちょっとここ押さえてて。」とサポートする看護婦さんに指示を出し、センセイ気合入れて抜きにかかるもググッと力を入れると、「ガチッ!!」っとピンを咥えてたペンチの先が外れる音…。

「これ、ペンチがダメなのかなぁ~。」

痛みは感じないものの意識はハッキリしてるので、ペンチでピンを咥え引っ張るも結構てこずってる様子が、耳元でリアルに聞こえてくるのと同時に衝撃が体を伝わってきます。(-_-;;

それに伴い心電図から発する俺の心拍音も、

「ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・」

から

「ピッ・ピッ・ピッ・ピッ・」

とスピードアップし緊張感倍増。(-_-;;;

「このまま麻酔が切れるまでに抜けなかったら…。」と想像すると気が気で無く、嫌ぁな汗も掻き始めたので、自分を落ち着かせるため腹式呼吸。
吸ってぇ~、吐いてぇ~を繰り返し世間話をしながら心拍音も落ち着いてきた頃、悪戦苦闘してたピン2本も無事抜き取られ、切開部を縫合して手術完了~。

「ハイ終わりぃ~。ピン要る?」とセンセイ。

「記念に下さい。」と俺。

「じゃあ後で看護婦さんからもらって。」と言い残し、センセイはもう一つ並行で行われてた別の手術へと。

「お疲れした~。」

【記念品】
b0056000_234906.jpg・豪華化粧箱入り。w


b0056000_23503767.jpg・7週間を体内で共に過ごしたピン2本。
なんかスポークに見えなくもない。w


長い方の先端はキレイに削られ尖っているが、短い方はニッパーで斜めにブチ切っただけでバリさえも取られてない有様…。こんなんが入ってりゃ違和感有るのは当然だわな。
てぇか、どうやって差し込み?or 打ち込み?したんだべ?まぁ事実を知らない方が幸せなコトも有るわな♪w

ピンを抜いた後も鎖骨が浮き上がる事も無く、とりあえず久々に生身の体に戻ったが、センセイによると「感染症及び再脱臼の可能性アリ。」だそうで、加えて本格的なリハビリはこれからで、まだ暫くは気を許せない状況が続きそう。
っちゅーことで完全復活はまだまだ先の話になりそうっすわ。

自分的には一山超えたかな?って感じですが、心配して(?)コメントくださった方々、及びココを覗いてくれた方々にとりあえずご報告まで。
[PR]
by tohru_brats | 2006-06-10 00:24 | 怪我ネタ

20060509 手術後初検診

※今回は一部表現に刺激的な部分を含みますので、スプラッターモノとかに弱い方は気分を害される事請け合いですので読むのはお止め下さい。m(_ _)m by管理人


今日は担当の先生による手術後初検診ということで、会社は午後休をもらっていざ病院へ。

まずはレントゲン撮影。
【正面図】
b0056000_18121271.jpg

鎖骨を固定する為のピンが2本、肩の骨から鎖骨へ差し込まれております。
最近、腕をある方向へ動かすと痛みが有り、ピンの辺りを触ると何か出っ張って来たように感じてはいたので、そのことを告げ先生に診てもらったところ…。

「あぁ、出てきてるねぇ。」

と腕の稼動範囲を確認しながら痛みの出る箇所を診てもらい、続いて縫合した傷口を診てもらうと。

「ん!?、なんか傷口がやけに赤いなぁ~、なんかヤダなぁ~。」
「少し周りが熱っぽいし、これ化膿してるかもなぁ~。」

えっ!? (-_-;

まぁ、縫合した箇所の近くが少し固くなってた部分が在ったので、自分では血が溜まってるだけだろうと思ってたのだが…。
で、急遽局部麻酔してから1cmほど切って中の血腫を指でグリグリ押し出す押し出す。

「また入院してもらうようかな~こりゃ。」
「もっとガーゼ頂戴。」

急遽始まった治療(手術?)にギャラリーと化したかのように看護婦さんがいっぱい。
俺モテモテ~♪
なんて浮かれるはずも無く、自分では見えないところで行われてるので状況は確認出来なかったけど、結構見物だったよう。w
摘出した血腫を見せてもらったが、確かに血腫の中に膿のように見える部分も…。
で、摘出した血腫は培養検査をするそうだが結果が判るまでには時間がかかるそうで、とりあえず入院するかは血腫の培養検査結果次第みたい…orz

そして、これで終わりかと思ったら

「そっちのベッドに横になって。中を洗浄するから。」
「生食水(生理食塩水)500cc用意して~。」

うぇ…(-_-;;

言われるままベッドに横たわり、血腫を摘出する為に開けたところへ弁みたいなものを差し込まれ、そこから注射器で注入~。開口部から排出~。てな作業を500cc分繰り返し洗浄終了。

やっと終わったと思ったら

「ガーゼにイソジン浸して~。」

うっ…(-_-;;;

予想は出来たが案の定、中が袋状になってしまってるので消毒する必要があるそうで。
で予想通りガーゼがっ…
これ以上書けねぇ~。w

そして先生に説明を受け、「経過診たいから明日から暫く毎日来てね。」と言われ、40分近くかかった診療のシメは抗生剤の点滴投与。
【点滴中】
b0056000_2071576.jpg


さぁ果たして血腫の培養検査の結果やいかに?
再入院となるのか?それともセーフか?

つづく





入浴許可が出た日に縫合箇所がどんな感じなのかを確認する為に撮ってみました。

(あまりにもの見苦しさに、画像は小さ目にしてみました。w)
b0056000_21252767.jpg

[PR]
by tohru_brats | 2006-05-09 20:34 | 怪我ネタ

20060428 出所祝い

b0056000_1253124.jpg

まずはコレっしょ!!(笑)

入院貧乏ですが、奮発してみました。
あぁ、うめぇーっ!!
[PR]
by tohru_brats | 2006-04-28 12:53 | 怪我ネタ

入院日記( 6日目)

b0056000_1884742.jpg

本日をもって朝夕の点滴による抗生剤投与が終~了~。

時間になると看護婦さんが付け替えに来てくれるのだが、初めは薬剤が終わりに近づくに連れ気もそぞろ…。
何故かっつぅと、薬剤が終え管の中を空気が伝って行くのを目の当たりにしてたら正直ビビってしまい、思わず押しちまいました、ナースコールを。

看護婦さーんっ!!
空気がっ、空気がぁーっ…。(@_@;)

まぁ針(プラスチック製?弾力性アリ)は当然動脈じゃなく静脈に刺さってるし、最近のはエアが抜けるように出来てんだとよ~。
そんな事も有りぃ~ので心中穏やかでは居られなかった点滴投与も終え、明日から飲み薬に変更だそうで。
薬よりもビールが飲みてぇ~…。

つづく
[PR]
by tohru_brats | 2006-04-25 18:08 | 怪我ネタ

入院日記3日目

b0056000_20453087.jpg

金曜の午前中に無事手術は完了しました。
手術のため、十年以上生やしてた顎ヒゲともおさらばし、全身麻酔での手術だったんで今朝までアソコに管が入ってたのだが、抜くのが超辛かったっす。

一部の方々が期待している画像はお届け出来るか判りませんのであしからず。
加えて携帯で投稿してるので、コメント戴いても返事は退院後になるのであしからず。m(__)m
つづく
[PR]
by tohru_brats | 2006-04-22 20:45 | 怪我ネタ

20060416 JOSF4月定期戦

前日の天気予報 『曇り時々雨 降水確率 80%』の予報通り、雨が降ったり止んだりの生憎の天候となった4月定期戦。

生憎の天気だったため各クラスエントリー少な目。しかしMTB 30Bのみ準決勝有り。と天気も関係無いようで。(笑)

思い返せばこの天候が先行きを暗示していたのかと…。


で結果はと言うと、

第1モト 3位
第2モト 3位
第3モト 4位

スリッピーな路面コンディションに皆さん臆してか、順当に今年初の予選通過!!。

準決勝 3位 (・ekさんとこから拝借。)
b0056000_22175757.jpg


準決勝は5人出走で1人落ちだったが、STARTミスって最後尾から必死こいて前走者についてくと、第2STのステップで2人がからんで転倒したおかげでゴッチャン3位。メデタク決勝進出。

決勝 ビリ

予選結果からグリッドを3番目に選べたので、比較的好みの3番グリッドを選択。
そして決勝START。

コミネックスの「管理人さん行けぇーっ!!」との声援を背に受け、飛び出したまでは良かったが第1ステップで逝ってしまいました…。
STARTも結構良かったのだが第1のシングルで左足がペダルから外れそうになり、体制を立て直そうとしてる間に第1ステップへ突入してしまい、そのまま右肩から地面へ叩きつけられ起きて再び走り出そうとしたが、あまりの痛みにここで終~了~。

久々の決勝進出も僅か10数mで終わってしまいました…。orz


で、本日病院へ行ってきました。

【左肩】
b0056000_2183351.jpg

【右肩】
b0056000_219466.jpg


右肩の骨と骨の間が離れてるのが一目瞭然ですね。
(※レントゲン撮影の際、両腕にそれぞれ5kgの錘を持って撮影。)

事前に有識者の方々からの情報収集と自分でWebで調べ、病状はある程度把握して行ったのだが、先生に診察していただいたところ…

「あぁ、コリャ手術だな。」

えっ!?今ナントおっしゃいました?

「いや、これもう腱が切れてるから開いて腱を縫合&針金で固定しなきゃダメだね。」

( ̄□ ̄;) ガァ-ン…マジデ?


ということで、一足速くGWに突入致します。
皆様も怪我にはくれぐれもお気をつけ下さいまし。
でわ、しばしお別れでゴザイマス。
(-_-)/^ アディオ~ス

気が向いたら経過報告しますわ。
[PR]
by tohru_brats | 2006-04-17 21:29 | 怪我ネタ

2005/06/28 …

ホッピングしたらペダル踏み外して、このテイタラク。

【1日目】
b0056000_23401552.jpg

痛いデス…。


【2日目】
b0056000_22341865.jpg

丸一日、湿布もせずに放置しといたら、腫れた上に鬱血してます…。


【3日目】
b0056000_0122770.jpg

腫れと痛みを軽くするため、遅まきながら治療開始。

裂傷にはキズパワーパッド、打撲部には冷感湿布を貼り、さらにその上から包帯で固定してます。

Webで治療法を調べたところ、

初期はとにかく冷やす。
そして包帯による圧迫固定が重要。
そして約2週間後、出血班(あざ)が薄らいできたところで、今度は患部を暖め、マッサージ、運動療法(関節が固まらないように動かす。)、等を行う。

だそうで。

週末は天気も悪いようなので、チャリにも乗らずに大人しくしてます。(苦笑
[PR]
by tohru_brats | 2005-06-28 23:42 | 怪我ネタ

2005/04/03 某所自然観察 & 手術報告

今日は川口定期戦の日。 レース終了後、「新たに土を入れ第1バームを補修する。」という話しも有ったので、「土方だけでも行くかな。」と思っていたが、金曜日にMTDさんから「土方無いそうですよ。」と連絡が入る。 前日の天気予報でも悪天候になると言ってたし、それに加えてもう一つ行くのが乗り気になれない理由が…。 それは後に書くとして。
 
今日は昼近くまで寝てたのだが、起きて外を見たら「晴れてますがな!!。」 で、家でゴロゴロしてるワケも無く、某所へと向かう。
某所へ向かう途中、昼飯の買出しを終え外に出ると、何やら見覚えある人がチャリに跨り向かって来る。 誰かと思ったら、先週に引き続きCSR@HSR君登場。 アンタも好きやねぇ~(笑)

まずは某所に到着後、毎度の如く自然観察を開始。

【桜】
b0056000_14452799.jpg


b0056000_14453976.jpg
・某所近くに一本だけ生えてる桜は早咲きらしく、すでに満開に近い状態。 川沿いの桜並木は、まだ蕾の樹が多いが、早くも花見に興ずる人達も。 


【大根の花(?)】
b0056000_14455254.jpg
・辺り一面、花、花、花。 周辺には袋片手に花を摘む、オジサンオバサンの姿も。 前に聞いたように、やはり食べるのだろうか、袋一杯になるまで摘み取ってます。


【HSR君】
b0056000_1446986.jpg
・今日もロールの練習&講義に来たHSR君。 水撒きと整備も手伝ってもらいました。


【生徒】
b0056000_14462296.jpg
そして、「大根掘ってますか~?」と管理人にメールしてきた、この方も先々週に引き続き登場。  家の方は大丈夫すかぁ~?SMZさん。(笑



良い意味で裏切った天気予報のおかげで、小春日和の本日も遊んでました。(笑


手術報告

【ナンデスカコレハ?】
b0056000_14463851.jpg



以前より左足くるぶしの上に生息していたコヤツ。 最近肥大し始め、たまに痛みが有るので、整形外科的傷病に詳しい、某自転車処A家の店主さんに診てもらったところ、「それはガングリオンですね。」との事。 「ナンダソリャ?」でWEBで調べたら、

ガングリオン 3 [ganglion]

(1)関節包や腱鞘(けんしよう)に粘液がたまってできる嚢腫(のうしゆ)。外から見ると骨が隆起したように見える。結節腫。


だとよー。 

で、先週の木曜日。近所の整形外科に行って摘出手術を受けて来ました。 先生に診てもらったところ開口一番、「あ、コレくるぶしじゃ無いんだ!? くるぶし二つあるみたいだねー。(笑)」と。 そして先生曰く「普通は指で潰しちゃう(散らす)んだけど、これは潰せそうも無いから抜き取っちゃおう。でも抜けるかなぁ~。」と人を不安にさせる発言…。 そして爪楊枝位の太さの針で抜きにかかるも、「やっぱ注射じゃ抜けないなぁ~。 どうします?切っても大丈夫かな?」と。

やっちゃってください。

局部麻酔をし入刀~。 そして指で押し出すと、出て来やがりましたよ。ガングリオンが。 脇で見ていた、割とタイプの看護婦さんも微妙な笑顔…(苦笑) そして晴れて体外に摘出した物体を見せてもらったところ、色は半透明の白色で、寒天状の物体。 それが大さじ山盛り2杯分は出てきました。 おかげさまで変な出っ張りは無くなりましたが、説明を聞くと「中に袋状のモノが残っているので、また溜まるよ。」だそうで…。 とりあえず見栄えが良くなったから良しとしよう。(笑
[PR]
by tohru_brats | 2005-04-04 01:21 | 怪我ネタ

自然治癒

最近リニューアルした某K氏(笑)が管理するサイトで『閉塞療法』についての記事が過去掲載されていたが、この治療法の良い点の一つに傷痕が残りにくいというのがある。
BIKE乗りに傷はつきものなので、大変興味のある内容なので機会があれば実践する価値アリと思っていた。

そんなある日、交差点を曲がる際に勢い良くぺダリングを止めずに突っ込んで行ったら…。
賢明な方はお判りだと思いますが、普通曲がるときはペダリングは止め、傾けた側の脚(ヒザ)は曲げた状態にし、傾けた反対側の脚はヒザを伸ばした状態にして曲がりますよね。 なので当然傾けているにもかかわらずコギ続けた管理人は、ペダルが地面にHITした反動で反対側のペダルを踏み外し、転倒は免れたものの一周してきたDXペダルがアキレス腱辺りにHITした結果この有様…。
で、待望の(笑)閉塞療法を試す機会が訪れた。 

【負傷直後】
b0056000_23232274.jpg・DXペダル特有の細いピンのおかげで、幅は狭いが深い傷になってしまう傾向のよう。
で、某K氏(笑)のサイトに載っていた、お奨めの救急絆創膏で閉塞療法スタート。
絆創膏を貼って暫くは放置状態にしておけば良いらしいので、ズボラな性格の管理人にとってはアリガタイ治療法。(笑)


【負傷後2週間経過】
b0056000_2327118.jpg・負傷後2週間あまり経過した傷の状態。 新陳代謝の衰えを切実に感じている管理人なので(笑)、傷の経過を見ても効果がそれほど感じられないように思い始めたのと、治りかけで傷の周辺が非常ぉ~に痒くなり始めたため絆創膏もマメに貼らなくなり、昔ながらの『傷は乾燥させたほうが治りが速い。』という放置状態に。


【現在】
b0056000_23275839.jpg・で、その結果くっきりと傷痕が残ってます。
治療開始時、絆創膏を貼る為に剃毛してあったのですが、今はスネ毛も復旧し汚さに拍車がかかってます。(笑)

 

まぁ傷痕が残ったところで気にするような歳でも無いし、残ったところで何ら問題無いので良しとしよう。(笑)

「これって『閉塞療法』の実践レポートじゃなかったっけ? 意味無ぇ~じゃん。」
とか言わないように。(笑)
皆さんもケガとケアには注意しましょう。
[PR]
by tohru_brats | 2004-11-07 23:54 | 怪我ネタ

JOSFのオフィシャルサポートをしつつRider活動を報告するブログ。にしときます。w


by tohru_brats
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31